第5回演奏会出演者プロフィール

第5回YSA出演者プロフィール

 

【客演指揮 宗貞 啓二】

サクソフォンを水野昱子、石渡悠史、故大室勇一の各氏に師事し、1975年国立音楽大学を武岡賞を受賞し卒業、同年読売新人演奏会、皇居内桃華楽堂新人演奏会に出演。又在学中第42回日本音楽コンクール第1位入賞。1976年渡仏。フランス国立ボルドー音楽院にてサクソフォンをJ.M.ロンデックス氏に、室内楽をR.ペレ氏に師事、いずれも一等賞を得て卒業、ボルドー市栄誉賞を受ける。1978年帰国後、演奏活動を開始。これまでに世界各地で行われたワールドサクソフォンに参加。2004年にはソロアルバム「ベル・カウント」「祈り」をブレーンからリリースする。2003年よりフランス人、アメリカ人、カナダ人と共にインターナショナルサクソフォン四重奏を結成し世界各地でコンサートを行う。また第2回ジャン=マリー・ロンデックス国際コンクールをはじめ国内外でのコンクールの審査員を務める。現在、エリザベト音楽大学講師、洗足学園大学講師。

 

 


【芸術監督 原 博巳】

尚美ミュージックカレッジ専門学校、東京藝術大学音楽部別科を首席で修了。

1996年第13回日本管打楽器コンクール第一位。

2002年第3回アドルフ・サックス国際コンクールで第一位。

2008年第25回日本管打楽器コンクール、2010年第5回アドルフ・サックス国際コンクールの審査員を務め、

2011年度~2013年度まで東京藝術大学の講師を務めた(2014年3月任期満了)。現在、洗足学園音楽大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校、東京音楽大学での後進の指導に当たっている。カフアレコードより4タイトルのCDをリリースしている。

 

 


【コンサートミストレス 河西麻希 MAKI KASAI】

生まれは、横浜市神奈川区、今の実家は厚木市

現在はソロ活動が中心です。

13年ぶりにソロアルバム「音楽の鳥」をリリースしました!

 

●ハッピー☆マッキーSAXカルテット(サックス4重奏)

年間何十本かの本番がある、活動率の高いカルテット

●トリオ・リラ(サックス、チェロ、エンジェルハープ)

結成1年半ですが、他にない珍しいアンサンブル。

●ラルナ(サックスとピアノ)

オリジナル曲を中心に活動。2枚のアルバムをリリースしています。

 

今回も誠に僭越ながら、コンサートミストレスを引き受けさせて頂きました。

各自の練習は大変だと思いますが、皆様の溢れるパワーで大成功させましょう!!

 

 


【Saxophone  國末 貞仁Sadahito Kunisue】

香川県立高松高等学校、東京藝術大学を経て、同大学院修士課程修了。

サクソフォンを、西宇徹、須川展也、石田智子、二宮和弘、冨岡和男の各氏に、室内楽を中村均一氏に師事。

2000年、第4回若手奏者のためのコンペティションデュオ・室内楽部門において奥村友美(ピアノ)とのデュオで第1位、併せて2005年日本国際博覧会協会賞受賞。

2005年、第22回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門第3位入賞。

2006年、第3回ブルーポラリス賞優秀個人賞受賞。

2010年、平成21年度香川県文化芸術新人賞受賞。

レコーディングでは、これまでに「The Last Country」(ソロアルバム)、「Saxophone Renaissance」(Quatuor B・レコード芸術特選盤)をはじめ多数のCDをリリース。

さらに近年は、活動の場を中国、台湾をはじめ海外へも広げている。

2017年に結成10周年を迎えるサクソフォン四重奏団Quatuor Bをはじめ、あんさんぶっかけ・さぬき座、Trio YaS-375、Saxaccord、シュピール室内合奏団、Brass Exceed Tokyo、SAX PARTY!のメンバーとしての活動のほか、サキソフォックスのラトゥールくんのお友達としても全国各地で活躍中。

現在、京都市立芸術大学非常勤講師、洗足学園音楽大学非常勤講師を務めている。

また、2013年より高松市観光大使に就任し、故郷のPRにも力を注いでいる。

 

 


【指揮 田口 雄太 Yuta TAGUCHI】

神奈川県三浦市出身。

12歳よりサクソフォンをはじめる。

神奈川県立逗子高等学校、昭和音楽大学を経て、同大学器楽研究科を修了。学長賞を受賞。

2013年、Saxophone Recital in Zushi vol.1~若手演奏家による共演~を公演し、デビュー。第19回浜松国際管楽器アカデミー&フェスティヴァルにて、選抜者によるプレミアム・コンサートに出演。

ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015にて、サクソフォン・カルテットとして初の第1位を受賞。2016年、ドイツのRellinger Kircheにて音楽祭「May Festival」に出演し、総スタンディング・オベーションを受ける。

神奈川県内のスクールバンドや市民バンドの指導者、指揮者として、吹奏楽指導に意欲的に関わり、2013年、神奈川県教育委員会より、部活動インストラクター賞を受賞。

これまでに、サクソフォンを新井靖志、福本信太郎、松井宏幸、武藤賢一郎、O.マーフィー、室内楽を新井靖志、中川良平、福本信太郎、武藤賢一郎の各氏に師事。C.ドゥラングル、F.モレッティのマスタークラスを受講。

現在、東京都交響楽団、東京吹奏楽団をはじめとする在京オーケストラ、吹奏楽団の公演に参加するほか、室内楽、ミュージカル、劇音楽、NHKドラマの出演など様々な活動を展開している。

神奈川県立逗子高等学校嘱託顧問。三響楽器店音楽教室講師。色彩豊かなサウンドと個性を生かしたサクソフォン四重奏団「Adam」メンバー。2016年12月、1stアルバム『Cindellera Dream』、2017年12月『Bouquet』をリリース。

 

いよいよYSAの季節がやってきました!第一回から指揮を振らせて頂き、第4回目の今回、より一層演奏のレベルが上がり、盛り上がってきているように感じます。今回僕は指揮だけでなく、演奏もさせて頂ける運びとなりました!ぜひ大迫力のサウンドをお楽しみください!

 


【adam】

昭和音楽大学出身の4人によって結成された、サクソフォン四重奏団。ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015にて、サクソフォン・カルテットとして初の第1位を受賞。ドイツの音楽祭に出演し、スタンディング・オベーションの拍手喝采を浴びる。ヤマハ銀座店主催により、「Adamサクソフォン・スペシャルデー」と題し、選定会、アンサンブル・クリニック、サロンコンサートを開催。他にも、管楽器専門店ダク主催による特別企画として、「Adamと聖夜(イヴ)~スペシャルコンサート~」、第36回サクソフォーン・フェスティバル2017にて、「Adam 0歳児からのファミリーコンサート」に出演するなど、精力的に活動中。色彩豊かなサウンドと個性を生かし、聴衆を飽きさせない選曲やパフォーマンスに日々工夫を凝らしている。平成28・29年度公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業愛知セッション派遣アーティスト。

 

 


【アンバサダー 野崎愛(のざきあい)】

1992年1月27日東京生まれ。国立音楽大学 声楽科卒業。シンガーソングライター。

『歌の世界を広げていくよ!』を合言葉に、クラシックを織り交ぜた曲と、裏声を生かした歌で、独自の音楽世界を創る“クラシカルクロスオーバーシンガー”として活動している。

2016年2月、BLACK DISH RECORDSよりデビューオムニバスCD「Verses」を発売。モデルなどマルチな活動も展開中。2016年夏には第20代『湘南ガール』グランプリを受賞し、茅ケ崎を中心とした湘南地域PR活動をサポートしている。また2017年には2017ミス・ユニバース・ジャパン神奈川 準グランプリを受賞し、神奈川全域の地域貢献活動にも力を入れている。

●ミス・ユニバース

http://xn--zcka7cua6eyb0k.com/archives/author/ainozaki

**************************

ミスユニバースとは…

世界80か国以上の代表が参加して世界一の栄冠を競い合う美の祭典となっている。ミス・ユニバースジャパンは世界大会の国別予選として開催され、日本では各都道府県のファイナリストが国別予選に参加することができる。優勝者は日本代表としてミスユニバース世界大会に出場する。

湘南ガールとは…

毎年開催される湘南祭の目玉企画の一つとして実施されるコンテスト。茅ヶ崎サザンビーチや、茅ヶ崎の魅力を伝えるキャンペーンガールとして誕生。地域のイベントや催し物の協力、地域のケーブルテレビやラジオなどへの出演など様々な場所で茅ヶ崎をPRを担う。

**************************

YSAご参加の皆様へ

先日は初練習の日に参加させて頂き、誠に有難うございます!

広報や当日の司会など、皆様の迫力ある演奏に見劣りしないように盛り上げて参ります!

宜しくお願い致します!

 

 


【実行委員長 松下洋】

世界中でネクストエイジを象徴すると称されるサクソフォン奏者。主としてソロで活動、超絶技巧のコントロールを駆使し多種多様かつ膨大な量のレパートリーを擁す。新曲発表および初演に多く携わり、独自奏法の開発や失われつつあるCメロサックスの復旧など、21世紀の聴衆の興味を惹く新企画の実施に余念がない。

洗足学園音楽大学講師、株式会社D-rection取締役、TokyoRock’nSAX主催、YSA《横浜サクソフォンアンサンブル》実行委員長、ぱんだウィンドオーケストラ奏者(バリトンサクソフォン)。

【略歴】

1987年生まれ横浜市出身。日本人の父と韓国人の母を持つ。

洗足学園音楽大学首席卒業ならびに優秀賞受賞(池上政人門下)。東京芸術大学別科ならびに東京芸術大学院を、大学院アカンサス音楽賞を得て卒業(須川展也門下)。卒業後は数多くの客演ソリストを務め、ダリウス・ミクルスキ、堺武弥、伊藤康英、茂木大輔、グドゥ二・エメルソン各氏を始めとする指揮者の下、世界中の著名オーケストラおよび吹奏楽団と共演。また外国のソリストからの招致にも積極的に応えており、2013年にはPEDROSAXO氏(スペイン)と3都市、2016年にはアドルフ・サックス国際サクソフォーンコンクール優勝者ニキータ・ズィミン氏(ロシア)と4都市を回るコンサートツアーを行った。

タイ、中国、台湾など世界各国の講習会およびコンクールでも講師や招聘奏者、審査員として活躍している。

台湾で催されるサクソフォンキャンプに講師として参加。タイで催されるアジアパシフィックサクソフォンアカデミーに講師として参加。2017年の中国南京のサクソフォン音楽祭の招聘奏者、福岡アクロスクラシックフェスタや羽島ポップスフェスタ、日本サクソフォンフェスティバル等、イベントにも多数ゲスト出演する。世界各国で催されるワールドサクソフォンコングレスへの参加や海外でのマスタークラスやコンサートも多く行い、国際コンクールの審査員も務める。

主な受賞歴:

第1回いちのみや音楽コンクール優勝

第4回ジャン=マリー・ロンデックス国際サクソフォンコンクール優勝

第31回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門第2位

第6回アドルフサックス国際コンクールセミファイナリスト

2015年度文化庁海外短期派遣制度研修員(フランス=ボルドー)

【主な初演】

・2014/9 旭井翔一『Paganini Remix』吹奏楽版

・2015/2 旭井翔一『Paganini Remix』オーケストラ版

・2015/5 F.ロセ サクソフォン協奏曲『Wend’Kreis』

・2015/9 P.チャイコフスキー『ヴァイオリン協奏曲』サクソフォンアレンジ

・2016/7 B.セコーン『Sonata of Puzzle』日本初演

【ディスコグラフィー】

・2016/3 TokyoRock’nSAX 『Permanent』

・2017/11 『Super Saxophone Duo』(キングレコード)、ニキータ・ズィミン氏と共演

・2017/4 TokyoRock’nSAX『Moment』

1987年生まれ、日韓ハーフの横浜出身。激辛党、将来の夢は小説家。

 

 


【ソプラノパートリーダー 山下友教】

★プロフィール
神奈川県出身。15歳よりサクソフォンをはじめる。昭和音楽大学を経て、同大学大学院修士課程修了。
サクソフォン四重奏「Adam」代表。ドイツにて音楽祭に出演し、スタンディング・オベーションの拍手喝采を浴びたほか、ヤマハ銀座店主催により、『Adamサクソフォン・スペシャルデー』と題し、選定会、アンサンブル・クリニック、座談会、サロンコンサート、管楽器専門店ダク主催による特別企画として、『Adamと聖夜(イヴ)~スペシャルコンサート~』として演出付きの音楽ショーをいずれも毎年開催している。
その他、0歳児からのファミリーコンサートや、平成28・29年度公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業愛知セッション派遣アーティストとして、愛知県の学校にて訪問演奏するなど、音楽の楽しさを広める活動にも力を入れている。
コンクールでは、第7回横浜国際音楽コンクールサクソフォン部門第1位、第14回大阪国際音楽コンクールデュオ部門第1位、特別賞として、ジャーナリスト賞、管楽器最高位に贈られるアルソ出版社賞受賞、ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015にて、サクソフォン・カルテットとして初の第1位受賞など、ソロ、アンサンブル問わず多数の受賞歴を持つ。
メディアでは、インターネットラジオ「渋谷ラジオTokyo」の音楽番組『Adamのミュージックワールド』にて、メインパーソナリティーを務めているほか、日経新聞電子版の記事に『軽快で洒脱 サクソフォン四重奏「アダム」の挑戦』と題し、動画付きで掲載。Band Journalにて、『逸材発見!注目アーティスト』として紹介された。KATCH TIME 30、Pitch FM 83.8、tvk、中日新聞、THE SAXなどにも取り上げられている。
これまでに、サクソフォンを武藤賢一郎、室内楽を武藤賢一郎、大森義基、榮村正吾、福本信太郎、G.プーレ、霧生吉秀、オーケストラ・スタディを有村純親、ピリオド演奏法を有田正広の各氏に師事。C.ドゥラングル、C.ヴィルトゥ、J.ララン、須川展也の各氏によるマスタークラスを受講。

 

 

★メッセージ
みなさん、こんにちは。
ソプラノパートリーダーの山下友教(ともゆき)と申します。
ついに300人超えした、このサクソフォンアンサンブルは、YSAでしか体験できないイベントとなりました。
さらには、プロも愛好家も関係なく、同じステージでひとつのものを作るという事は、とても素晴らしい事だなと感じています!
愛好家の方の熱意に私たちは刺激を受けますし、その分、より良いステージにしていくために、どうしたらさらに楽しめるのか技術的なアドバイスをして助け合う。
そんな相互にとって良い関係が築けているのではないかと感じます。
ここで出会ったのも何かのご縁ですし、あと1ヶ月、楽しい時間にしていけたらと思っております!
よろしくお願いいたします!

 

★告知
今年もやります!Adamと聖夜(イヴ)!
王子と愉快な仲間たちも第3弾を迎えます!
今年は一体どんなストーリーが待ち構えているのでしょうか!?

今回は、お昼開催という事もあり、未就学児も入場可となっております💡

前半はコンサート形式でAdamらしい曲を、後半にはストーリー仕立てで全曲Adamメンバー編曲による、クリスマスの曲たちを演奏していきます🎄

この日しか体験出来ないスペシャルなコンサートとなっておりますので、ぜひご家族やご友人、恋人と一緒にお越しください😊
もちろん、お一人様も大歓迎です!
(毎年いらっしゃるのでご安心ください!笑)

 

《DAC Sax Fair 2018 特別企画》

Adamと聖夜 vol.3
2018年12月22日(土)
15:00開演(14:30開場)
場所:管楽器専門店ダク地下 スペースDo
料金:一般2500円/学生1500円(当日各500円UP)

第1部:サックス四重奏
・L.アンダーソン/トランペット吹きの休日
・G.F.ヘンデル/管弦楽曲集〈水上の音楽〉より、第2組曲 ニ長調HWV349、第2曲《アラ・ホーンパイプ》
・J.S.バッハ/主よ人の望みの喜びを
・P.イトゥラルデ/ギリシャ組曲
・伊藤康英/琉球幻想曲
・P.ガイス/パッチワーク
・野村秀樹 編/クリスマスソングメドレー

第2部:Adam王子とゆかいな仲間たち
〜今年も彼らが帰ってくる!〜

また、実はAdam、ついにCDをリリースします!
発売はもう少し先になりますが、Adamと聖夜、そしてYSA演奏会にて予約券を発行します!
特典として、予約券でしか聴く事の出来ない1曲をプレゼント🎁させて頂きますので、ぜひ一足早くお買い求めください✨

 

 


【ソプラノパートリーダー 田中麻樹子(たなかまきこ)】

 

★プロフィール
神奈川県三浦市出身。
三浦市立初声中学校、神奈川県立追浜高等学校を経て、東京藝術大学卒業。
Saxophone Quartet 桜 テナーサクソフォン奏者として、第5回ルーマニア国際音楽コンクール室内楽部門第2位、特別賞としてルーマニア音楽協会理事会賞を受賞。
2010年度(一財)地域創造公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業・京都セッション フォーラムアーティスト。
2013年 韓国ソウル大学に招かれ、マスタークラスとコンサートを行う。
2015年 ファーストアルバム「桜のうた」を発売。
2017年 逗子文化プラザ なぎさホールにてソロリサイタルを開催。
現在、ソロ、室内楽、国内主要オーケストラのサクソフォーン奏者として公演、録音等に多数参加している。
クラシック専門インターネットラジオ「OTTAVA」の「OTTAVAGioia」プレゼンター。
これまでにサクソフォンを冨岡和男氏、須川展也氏、ジャズサクソフォンを浜崎航氏、室内楽を中村均一の各氏に師事。

 

 

★メッセージ
第一回目からずーっと参加したかったのですが、都合が付かず、今回が念願の初参加になります。
300人のサックス吹きが集まると、どんな音がするのか今からとてもワクワクしています!
皆さんで一緒に楽しい演奏会にしましょうね!

 

 

★告知
2019年4月13日 土曜日 17時半より

逗子文化プラザなぎさホールにて、
Piazzolla night de saxophone quartet in逗子を開催します。

熱いメンバーと共に、ピアソラ作品をサックスとピアノでとことん楽しもうというコンサートです。

出演者は
sop.角口圭都 alt.宍戸吉由希 ten.田中麻樹子 bar.塩塚純 pf.弘中佑子

是非聴きにいらしてください!

 


【ソプラノサブパートリーダー 菊地麻利絵(きくちまりえ)】

★プロフィール
神奈川県立弥栄東高等学校音楽コース(現・弥栄高校芸術科)を経て、東京音楽大学卒業。
卒業時学校主催卒業演奏会、第10回サクソフォーン新人演奏会、神奈川新人演奏会に出演。
後渡仏。セルジーポントワーズ音楽院にて室内楽を審査員満場一致の金賞、ソルフェージュ、アナリーゼ、和声学で最高評価のトレビアンを獲得、サクソフォーン科を審査員満場一致の金賞、及び特別賞を得て首席で卒業。
第18回KOBE国際音楽コンクールC部門(大学・一般)において優秀賞、並びに神戸市民文化振興財団賞受賞。
第7回ナント国際サクソフォーンコンクール第1位受賞(フランス)。
第34回日本管打楽器コンクールセミファイナリスト。
第1回日本奏楽コンクール室内楽部門において第1位を受賞、管楽器部門において第2位、併せて邦人作品賞を受賞。
平成27年度海老名文化大賞受賞。
これまでにサクソフォーンを村松功介、石渡悠史、小串俊寿、波多江史朗、ジャン=イヴ・フルモーの各氏に、室内楽を中村均、小串俊寿、波多江史朗、マリリーズ・フルモーの各氏に師事。
サクソフォーンアンサンブル「Carbuncle Sax」ソプラノサクソフォーン奏者、独立行政法人国際機構JICA東京地域国際協力サポーター「SDGs吹奏楽団」サクソフォーン奏者。
またソニーミュージックエンタテインメント主宰「STAND UP!CLASSIC」登録アーティストとして活動。BSフジテレビレギュラー番組「世界の音楽 ハロー!クラシック」に出演。
現在東京音楽大学非常勤助手。

 

★メッセージ
今年も盛り上がって参りましょうー!!楽しい時間をみなさんで過ごしましょう♪

 

★告知
12月8日(土)カーバンクルサックスcafé live@よんちゃ(三軒茶屋駅)

13:00開演

 

1月26日(土)現代奏造シリーズコンサートvol.2

「交錯・サクソフォーンの真髄」@野中アンナホール14:00開演

 

 


【アルトパートリーダー 椿義治(つばきよしはる)】

 

★プロフィール
神奈川県横浜市出身。エリザベト音楽大学卒業後、同大学院音楽研究科修士課程修了。卒業演奏会、日本サクソフォン協会主催「第4回新人演奏会」をはじめ他多数出演。これまでにサクソフォンを宮田麻美、宗貞啓二の各氏に、室内楽を宗貞啓二、大森義基の各氏に師事。現在、ソロ、室内楽を中心に演奏活動を行う傍ら、後進の指導にあたる。サクソフォン&ギターデュオ「Travessia」、シュピール室内合奏団各メンバー。横浜市立戸塚高等学校音楽コース非常勤講師。

 

 

★メッセージ
ついに300人越え…YSAの勢いは止まりませんね!
ここでしか体感することができない特別な時間を思いっきり楽しみましょう!
何か困ったことなどありましたらお気軽にお声がけくださいね!

 

 

★告知
2018年12月4日(火)19:00〜シュピール室内合奏団のコンサートがルーテル市ヶ谷であります!
お時間ございましたら是非ご来場頂けたら嬉しいです!

 

 


【アルトパートリーダー 石原亜沙美いしはら あさみ)】

 

 

★プロフィール
東京都町田市出身。洗足学園音楽大学卒業。
2012年、若手演奏家によるジョイントリサイタル「IL CONCERT DA STEELE DI TERRA」へ出演。2015年、自身初のリサイタルを開催。
現在、クラシックのみに留まらず、ジャズスタイルの研究などジャンルの垣根を超えた演奏活動を行う傍ら、吹奏楽指導や個人レッスン等の後進の指導にあたる。
これまでにサクソフォンを池上政人、高橋賢の各氏に、室内楽を服部吉之、大和田雅洋の各氏に師事。ジャズ・サックスを橋爪亮督、副田整歩の各氏に師事。

 

 

★メッセージ
今回もアルトパートリーダーを務めさせていただきます。全体人数が300人を超え、アルトはなんと100人を超えたそうですね!配慮の行き届かない部分も多々あると思いますので、質問や疑問、少しでも気になることがありましたら遠慮なく声を掛けてください。少しでもお力になれたら嬉しいです。一緒に楽しい時間を過ごしましょう!どうぞよろしくお願いいたします!

 

 


【アルトサブパートリーダー 尾形一樹(おがたいっき)】

 

★プロフィール
神奈川県横浜市出身。横浜市立桜丘高校を卒業、東京音楽大学を管打楽器主席で卒業、現在同大学院2年次在学中。
学部2年次以降は給費奨学生に選ばれる。
大学院2年次ではティーチング・アシスタントとして大学での指導実習も担当する。
大学卒業時の推薦により、第87回読売新人演奏会、第14回サクソフォーン協会新人演奏会に出演。第34回管打楽器コンクールサクソフォーン部門セミファイナリスト。第14回東京音楽大学コンクール入選。第25回日本クラシック音楽コンクール第1位。第9回横浜国際音楽コンクール第1位。第3回Kサクソフォーンコンクールグランプリ第1位。他、数々の入賞歴を持つ。学内オーディションに合格し平成26年度~28年度ソロ・室内楽定期演奏会に3年連続出演。東京音楽大学シンフォニーオーケストラ定期演奏会に「展覧会の絵」で出演。
ミュージックエイト「とっておきのソロ(アルトサックス)」シリーズ全曲の参考演奏を担当。さらに吹奏楽等の録音も担当。ソロ・アンサンブルなど幅広い演奏活動の他、作編曲や中学高校の指導、指揮も行う。
サクソフォーンを小串俊寿、原博巳、大城正司、鈴木美裕の各氏に師事。室内楽を小串俊寿、波多江史朗の各氏に師事。ピアノを鈴木弘尚氏に、ジャズ・アドリブ奏法をリック・オヴァトン氏に師事。指揮法を野口芳久氏に、作編曲を藤原豊氏に師事。横浜市民広間演奏会会員。M8ウインドオーケストラメンバー。保土ヶ谷ファミリーブラスかるがも隊常任指揮者。

 

 

★メッセージ
今回、参加者が300人を超えるそうで、、
大人数で演奏できる機会は、そうたくさんあるものではないです。一回一回の合奏を楽しんでやっていきましょう!(もちろん本番も)
アルト以外の皆様も分からないことがあったら気兼ねなくどんどん聞きにきてください!

 

 

★告知
2019年1月23日(水)13:00開演-14:00まで
東京音楽大学A館100周年記念ホールにて、リサイタルを行います!(池袋、雑司が谷、東池袋、目白が最寄です)
大学の試験も兼ねているので入場無料、全席自由です!
R.モリネッリ/ニューヨークの4つの絵など、計5曲演奏予定です。当日、ホールをお客様で埋められたらこの上ない幸せですので、皆様お誘い合わせの上、お待ちしております!

YouTubeやってます!
https://www.youtube.com/channel/UCZepS3YLuxrDaLnVJ7_DaqA
定期的にアップロードおりますので、よろしければ高評価&チャンネル登録お願い致します!

 

 


【テナーパートリーダー 村松功介(むらまつこうすけ)】

 

 

★プロフィール
昭和音楽大学、同大学研究生課程卒業。
作曲家成田勤氏との個展演奏会や清水大輔氏の作品の新曲作品の初演などを担当する。
全音楽譜出版社の教則本、曲から始めようアルトサックス独習ナビなどの監修。
また吹奏楽指導も各地でしている。
サクソフォンを中嶋英乃、福本信太郎、新井靖志、室内楽を武藤賢一郎、彦坂眞一郎の各氏に師事。
 

★メッセージ
昨年に引き続き今年も参加させていただき嬉しく思います。
普段ジャズをやっている、バンドのホーンセクションとして吹いている、音楽教室で個人で習っている、吹奏楽団に所属している…様々な音楽や音を求め目指している方が集まっているものと思います。
皆様の求める最高を提供し合いつつ、お互いに共有し合えたらノージャンルの楽器の魅力が引き出されて素敵な空間になるのではないかなと個人的に思っています。聴いている方も演奏している方も楽しめるステージが生まれますよう微力ながら尽力させていただきます!
よろしくお願い致します。

 

 


 【テナーパートリーダー 高橋龍之介(たかはし りゅうのすけ)】

 

★プロフィール
神奈川県出身。昭和音楽大学音楽学部器楽科演奏家コースを特別賞を得て首席で卒業。在学中、同大学第20回コンチェルト定期演奏会にソリストとして出演される。卒業演奏会、読売新聞社主催第84回読売新人演奏会、ヤマハ管楽器新人演奏会出演。浜松国際管楽器アカデミー&フェスティバルを受講し講師推薦プレミアムコンサートに選抜される。
日本サクソフォン協会主催第12回Jr.サクソフォンコンクール3位入賞。
第25回大仙市大曲新人音楽祭コンクールにて優秀賞、並びにグランプリを受賞し受賞者記念演奏会に出演。
第6回秋吉台音楽コンクール、サクソフォン部門入選。
サクソフォンを河西麻希、池上政人、福本信太郎、有村純親の各氏に師事。
現在はソロ、室内楽等で活動をする傍ら、後進の指導にもあたる。
東京芸術劇場による演奏家育成プロジェクト“芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー”に第3期生に在籍。

 

★メッセージ
300人の大合奏、皆さん楽しみましょうー!

 

 

★告知
2019年5月24日(金)横浜市青葉区にあるフィリアホールにてリサイタルを開催します!
詳細は追ってお知らせさせていただきます。
先のことではございますが、みなさまのご来場お待ち申し上げております。

 

 


【テナーサブパートリーダー 小林祐貴(こばやしゆうき)】

 

★プロフィール
12歳よりサクソフォーンを始める。
東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学卒業。
第29回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽部門最高位受賞。
これまでにサクソフォーンを中村均、波多江史朗の各氏に師事。
室内楽を小串俊寿、波多江史朗、蓼沼雅紀の各氏に師事。
現在はソロ、室内楽等で演奏活動をする傍ら、後進の指導にもあたる

 


【バリトンパートリーダー 塩塚純(しおづかじゅん)】

 

★プロフィール
東京都町田市出身。ドA型。超激辛党。洗足学園音楽大学、東京藝術大学別科を経て、東京藝大学大学院を修了。これまでにサクソフォンを福島正和、二宮和弘、貝沼拓実、大城正司、大石将紀、須川展也の各氏に、室内楽を二宮和弘、貝沼拓実、池上政人、大城正司、有村純親、須川展也の各氏に師事。Tokyo Rock’n SAX、サクサコール、ロマンシング サ・クソフォン各メンバー。また、SDGs吹奏楽団 (JICA東京 地域国際協力サポーター)バリトンサクソフォン奏者。
Tokyo Rock’n Saxメンバーとしてmetro musicより1st Album「Permanent」、2nd Album「Moment」をリリース。またロックバンドの聖地Zepp Tokyoにてワンマンライブを果たし、大成功を収める。
サクサコールメンバーとしてFlorestanより「Russian Master Pieces」をリリース。レコード芸術6月号にてレコード芸術特選盤に選出される。また299 MUSICよりリリースされた、日本を代表する劇版作家である平野義久氏監修「Sur-Saxophonism」に参加。
現在はフリーのサクソフォン奏者として、様々なスタイルで活動中。

 

 

★メッセージ
ここまで大きくなりましたYSA!!!ありがとうございます!!!全員で最高の瞬間を作り上げましょう!!!むっちゃくちゃ楽しみにしております!!!

 

 

★告知
2018年11月29日(木)
Tokyo Rock’n SAX 東名Live
@池袋Cyber
チケットはこちら。もしくは直接メンバーへお願いいたします!
https://sp.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002276906P0030001

 

2018年11月30日(金)
Tokyo Rock’n SAX 東名Live
@名古屋Mujica
チケットのご予約は直接メンバーへお願いいたします!

 

2018年12月13日(木)
Saxaccord vol.9
結成10周年&CD発売記念公演
@東京オペラシティ リサイタルホール
Open 18:30
Start 19:00
チケットはこちら。もしくは塩塚まで直接お願いいたします!
https://sp.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002276121P0030001

 

2018年12月16日(日)
Grin Saxophone Quartet X’mas Live
@新大久保Studio Virtuosi
Open 18:30
Start 19:00
チケット:一般2,500円/学生2,000円(ご予約は塩塚までお願いいたします!)

 

2019年2月20日(水)
SAXAGE 第10回貝沼門下生による演奏会
@台東区ミレニアムホール
Open 18:30
Start 19:00
チケット:1,000円(ご予約は塩塚までお願いいたします!)

 

2019年4月13日(土)
Piazzolla Night de Saxophone Quartet in 逗子
@逗子文化プラザなぎさホール
決まりたてホヤホヤの演奏会なので詳細はまだ未定です、、チケットのご予約は塩塚までお願いいたします!

 

 


【バリトンパートリーダー 奥野祐樹(おくのゆうき)】

 

★プロフィール
神奈川県横浜市出身。
神奈川県立横浜平沼高等学校を経て、昭和音楽大学音楽学部器楽学科弦管打楽器演奏家コース卒業。
卒業時に読売新聞社主催の新人演奏会、同伶会湘南支部新人演奏会に出演。
在学中より、佐渡裕氏監修の富士河口湖音楽祭、JTアートホール「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」など様々な演奏会に出演。
ザルツブルク=モーツァルト国際室内楽コンクール2015にてサクソフォーンとして初の第1位、グランプリ受賞。
副賞として、レリンゲン音楽祭(ドイツ)に参加。
平成28・29年度公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業愛知セッション派遣アーティスト。

これまでに、サクソフォンを大森義基、室内楽を栄村正吾、有村純親、松原孝政の各氏に師事。
アレクサンドル・ドワジー氏、モーフィンサクソフォンカルテットによるマスタークラスを受講。

現在、ソロ、アンサンブル、吹奏楽などを中心にジャンルを問わず演奏活動を展開するほか、各地でのアウトリーチやTVCM音楽のレコーディング、作・編曲など様々な音楽活動を行っている。

 

★メッセージ
いよいよものすごい参加者数になっているYSAですが、今年もどんなサウンドになるかとても楽しみです!本番の演奏はもちろん、これだけのサックス吹きの方々と交流できることもYSAならではの素晴らしいところだと思います。そして低音のみなさま、今年も張り切って吹きまくりましょう!!

 

 

★告知

またまたスペースDoにてやらせて頂きます!↓
今年は22日、昼公演です。

《DAC Sax Fair 2018 特別企画》
Adamと聖夜 vol.3

2018年12月22日(土)
15:00開演(14:30開場)

そしていよいよAdamでCDをリリースすることになりました。
発売はもう少し先ですが、特典付きでご予約受付させて頂く予定です。YSAに4人ともいるので、メンバーまでぜひぜひ気軽にお声がけください!

 


【バリトンサブパートリーダー 広瀬翔子(ひろせ しょうこ)】

 

★プロフィール
神奈川県厚木市出身。東海大学教養学部芸術学科音楽学課程を首席で卒業。在学中から精力的に演奏会へ出演し、卒業後は読売新聞社主催「第86回読売新人演奏会」に出演。これまでにサクソフォンを河西麻希、滝上典彦、北嶋恭子の各氏に、室内楽を滝上典彦、二宮洋の各氏に師事。

 

 

★メッセージ
「神奈川中のサックスプレイヤーが集結する演奏会ってどんな演奏会だろう?」と初めて参加した第1回目のYSAから早5年。毎年毎年パワーアップを重ね、遂に300人以上のステージになるなんてびっくりです!サックスを愛する人がこんなに集まるステージに立てることを大変うれしく思うとともに、当日どんなサウンドがするのか今から楽しみです!
「サックスが好き」ということで巡り会えたこの機会に感謝して、お客様もプレイヤーも笑顔になる演奏会になりますよう精一杯頑張りますので、宜しくお願いします。